• HOME
  • 福井の名物・ご当地グルメ

福井の名物・ご当地グルメ

ソースカツ丼、越前おろし蕎麦、越前ガニ、焼き鳥(じゅんけい)、お寿司、お造り(お刺身)、海鮮丼、ボルガライス、しょうゆカツ丼・・・

ふくいの「食」は一度食べたら忘れられないホンモノの美味しさです。豊かな自然環境に恵まれ、四季がはっきりとした福井は、四季折々の魚、肉、米、酒を楽しむことができる食のまちです。ふくい独自の食文化とともに堪能してください。

福井の名物・ご当地グルメ

越前おろしそば

香り豊かなふるさとの味

そばどころ福井のそばは、白くて細い更科そばとは違い、黒っぽくて太めのいわゆる田舎そばで大根おろしとダシで味わうのが一般的です。食べ方は3通りあり、飲食店によって異なります。 ①ダシと大根おろしを別々に入れる。②ダシに大根おろしを入れる③ダシに大根おろしの汁だけを入れる。福井のそばの特徴は、在来種と石臼挽きにあります。昔から特定の地域で栽培されていた在来種が数多く残っていること。そして在来種の小粒で濃く、豊かな風味を損なわないていねいな石臼挽きが他県にはない旨味を作り出し、そば通をもうならせるほどです。この他、福井はそば打ちの聖地とも言われ、そば打ちの体験施設も多数あります。打ち立て、茹で立てを大根おろしで味わえば、さらに越前おろしそばの虜になること間違いなしです。

ソースカツ丼

福井人に愛されるソウルフード

福井に来たら絶対食べたいソウルフードがソースカツ丼です。福井の飲食店や弁当、お惣菜におけるカツ丼は、大半がソースカツです。味の決め手となるソースは大正2年(1913年)、福井の老舗洋食店『ヨーロッパ軒』の初代 高畠増太郎氏が考案したドイツ仕込みのウスターソース。甘みと酸味が絶妙で、カラッと揚げた薄めのトンカツにしっかり染み込み、箸でも切れる柔らかさが特徴です。ソースがかけられたご飯との相性も抜群です。『ヨーロッパ軒』のソースカツ丼は広く親しまれるようになり、今では多くの飲食店で提供されるようになりました。ソースは飲食店毎に異なり、それぞれの個性や特徴としてファンを魅了しています。

ボルガライス

武生に来たらボルガライス

オムライスの上にトンカツ、そこにこだわりのソースがたっぷり!武生生まれの「ボルガライス」は、人気の洋食を盛り合わせた福井県のご当地グルメです。メディアにも広く取り上げられ、いまや全国区の知名度を誇るほど。福井県内のあちこちで、味も特徴もさまざまなボルガライスを食べることができます。ボリューム満点なのに女性でもペロリと食べられるバランスの良さで、ランチにもピッタリです!

越前ガニ

冬の味覚の絶対王者

福井の冬グルメの王者・越前がに(オスのズワイガニ)は、知名度、品質ともに全国トップクラス。全国唯一の“献上がに”であり、カニでは全国初のGI「地理的表示保護制度」対象品です。漁場となる越前海岸沿岸は、越前がにのエサとなるプランクトンや魚が集まり、カニにとっても好環境です。また、漁場から港は1~2時間と近く新鮮なまま持ち帰ることができるのも美味しさの大きなポイントです。 一番美味しい食べ方は、やはり茹でガニです。瑞々しくて甘さも上品、そして濃厚な味噌は食通をも唸らせます。もちろん、焼きガニや刺身、鍋などもぜひ! この他、メスのせいこがにや水がに(ズボガニ)も人気です。越前がにの中でも甲羅が14.5cm以上、重さ1.3kg以上、爪の幅3cm以上のものは“極”としてブランド化されています。

羽二重餅(はぶたえもち)

福井お土産の人気№1。郷土の織物由来のとろける舌ざわりの銘菓です

福井県は、江戸時代より日本を代表する絹織物の産地として栄えてきました。中でも、平織の絹織物である「羽二重織」が有名で、「羽二重餅(はぶたえもち)」は、その真珠のような光沢と絹のような感触を、お餅に見立てて作られるようになったといわれています。もち粉と砂糖、水あめを練り上げて作られた、なめらかな口あたりと、上品な甘さが特長で、古くから県民に親しまれ、給食で羽二重餅がでることもあるほど。まさに福井を代表する銘菓です。


水ようかん

福井で「水ようかん」は、冬に食べる

水ようかんといえば夏の和菓子ですが、福井では「冬はこたつで水ようかん」があたり前の風景です。独自の食文化で一般的なものと比べて柔らかくてみずみずしく、のどごしもツルン。甘さも控えめで老若男女に広く愛されています。 発祥は大正~昭和の丁稚奉公時代。「奉公先からから福井に里帰りする丁稚に持たせた」「奉公先の練ようかんを改良した」など諸説あり、“丁稚ようかん”とも呼ばれています。当時は大きな漆の木箱に流し込み、木箱1枚、あるいは木箱の1列をすくって販売されていました。寒天、砂糖、こしあんとシンプルな材料ながら、お店の数だけ独自の味わいがあり、個性あふれるパッケージデザインも見どころです。

油揚げ・厚揚げ

油揚げ・がんもどき消費量 60年連続日本一!愛され続けるおふくろの味

福井市は、油揚げ・がんもどき消費量60年連続日本一ということをみなさん知っていますか?スーパーマーケットを見回せば、厚揚げ&お豆腐のコーナーは県内折々の店舗の油揚げがずらっと並びます。もちろん市内の居酒屋でも定番・おすすめメニューにどーんと鎮座する油揚げ。子どもの頃から、お味噌汁に、煮物に、炊き込みご飯に、鍋に、果ては油揚げをそのまま焼いて食すまで、福井に根付いた油揚げ文化。県外で開催される福井県物産展などでも、「水ようかん」と並んで常連です。福井のぶ厚い油揚げ、見かけたら是非食べてみてくださいね。

焼き鳥

福井県民に愛される純けい

福井で独特の食文化といえば、「焼き鳥」です。老若男女に広く親しまれ、店内飲食の他、テイクアウト利用も多い、まさに福井のソウルフードです。 メニューも数多く、中でも一番人気は「ひね」や「純けい」と呼ばれるメスの親鳥の肉です。ももと皮の部分を塩で焼き上げるその味は、噛むほどに旨味と甘みが溢れてきます。 また、福井の焼き鳥店を代表する『秋吉』では、5本単位を中心に注文することから、福井では1種類を5本、10本注文するのが常識となっています。その理由は一つひとつの肉が小さく、一串を一口で食べられるからです。 「社長、お嬢さん」の掛け声などで知られる『秋吉』の他、焼き鳥の提供店は多く、それぞれの味を楽しむのもおすすめです。

お寿司・お造り・海鮮丼

日本海から水揚げされる海の幸

福井の海で水揚げされる魚貝類はなんと年間約200種類、そのうち食卓に上るのは約100種類もあります。越前がにやふくい甘えび、若狭ぐじ、越前がれい、若狭ふぐなどのブランドものはもちろん、サワラやイカなど四季を通じて美味しい魚貝類が豊富です。 美味しさの背景には、栄養が豊富で魚貝が棲みやすい環境と、魚を知り尽くした先人達から継承した漁法(底曳網漁、定置網漁など)、そして船内冷凍や活〆、神経抜きなどの鮮度保持の工夫があります。近年、開発されたブランド「福井サーモン」なども人気。福井市には魚市場あり新鮮な海の幸が取引されているほか、市場内の「ふくい鮮いちば」には一般の方が利用できる飲食店もあり、どなたでも新鮮な魚を味わうことができます。

福井のグルメを産地からお届けします。

産直ECサイト「ふくいさん」

福井に来ることが出来ない方にも、福井のまじめな美味しさと手しごとをお届けします。

産地とつくりての顔が見え、福井の美味しい物を安心して取り寄せていただけるサイトをめざしています。 

産直ECサイト「ふくいさん」

次に読みたい特集記事

駅前フードホール「MINIE」のお店やスポットをご紹介
駅前フードホール「MINIE」のお店やスポットをご紹介
駅前フードホール「MINIE(みにえ)」が福井駅西口徒歩2分の「FUKUMCHI BLOCK」内にオープン。飲食店はもちろん、ブルワリーや横丁、お土産までが揃う注目スポットの店舗や見どころを市民ライターがご紹介します。
詳細を見る
福井駅構内「くるふ福井駅」の全店舗と一押しの品をご紹介!
福井駅構内「くるふ福井駅」の全店舗と一押しの品をご紹介!
北陸新幹線の金沢~敦賀延伸と同時に、新商業施設「CURU-F(くるふ)福井駅」が福井駅構内にオープン!出店店舗は、地元民も満足できる充実のラインナップです!福井のおすすめ土産や、ここでしか買えない商品・グルメと併せて、全店舗をご紹介します。
詳細を見る
JR福井駅周辺のグルメ・お土産・観光スポットをご紹介!
JR福井駅周辺のグルメ・お土産・観光スポットをご紹介!
JR福井駅は、福井での旅行やビジネスにおいて、まさにハブといえる場所です。福井市の歴史・経済の中心地でもあり、周辺では、福井ならではの食事や銘菓、お土産の購入、ちょっとした歴史スポット巡りなど、さまざまに楽しめる魅力がたっぷりです。
詳細を見る
ページトップへ