丹巌洞(丹厳洞)

松平春嶽、横井小楠、橋本左内、中根雪江も訪れた草庵

喧騒を離れ幕末の面影を今に残す草庵と庭園。

江戸時代後期の弘化3年(1846)に、福井藩医山本瑞庵が別荘として建てた草庵。舟遊を兼ねて藩主松平春嶽をはじめ、横井小楠、橋本左内、中根雪江などがここを訪れ、密議を凝らしました。

現在は料亭となっていて、歴史を感じながら食事を楽しめます。

敷地内には、笏谷石の石切り場の跡が残っており、敷石や橋にもふんだんに笏谷石が使われています。

基本情報

電話番号
0776-36-2668
住所
福井県福井市加茂河原1-5-12
営業時間
※見学のみ希望の場合、午前中で都合があえば見学可(要事前相談)
定休日
※要問合せ
駐車場
あり
駐車場:台数
若干数
ページトップへ