一乗谷文化祭(一乗谷朝倉氏遺跡)

ふたたび、文化が集い、人が集う谷へ。

戦国時代にあって、100年栄えた一乗谷。そこには、北ノ京とも言われる豊かな文化がありました。
食文化、まちづくり、ものづくり、建築や芸能… 次々と発掘される当時の暮らしに学び、今ふたたび、さまざまな文化が谷へ集います。
里山の景色がよりいっそう美しい晩秋の一乗谷で、当時の賑わいに思いを馳せる1日をお過ごしください。


※盛りだくさんのイベント内容や豪華なワークショップ・商店出店者などの詳細はイベント公式ページやSNSもご確認ください。

基本情報

開催期間
令和6年3月23日(土)~24日(日)
開催場所
一乗谷朝倉氏遺跡唐門前広場周辺
電話番号
0776-20-0580(福井県文化課)
住所
福井県福井市城戸ノ内町28-37
営業時間
3/23(土)10:00~20:00
3/24(日)10:00~17:00
料金
無料
アクセス
JR福井駅から一乗谷朝倉特急バス、「復原町並」下車すぐ。
福井駅からJR越美北線で、一乗谷駅下車、徒歩15分。/北陸自動車道福井ICから車で10分。
駐車場
あり
駐車場:大型バスの駐車
谷の商店
一乗谷に集積されていた高度な技術。それは今の福井のものづくりにも繋がっています。漆器、刃物、和紙、越前焼のみならず、磁器やガラスも輸入されていた当時の様子を思い起こす個性豊かなショップがずらりと並びます。
谷の市場
その昔、一乗谷には越前の豊かな食材が集まり、発掘調査からも食生活の豊かさが垣間見られます。ふたたび、ここ一乗谷に野菜やお米、お菓子など、豊かな食材が集まります。
谷のまなびや
朝倉氏は都から一流の知識人を招き、家臣たちにも学ばせました。遺跡から多数の文房具が出土していたり、蹴鞠伝書が見つかったり。そんな戦国時代のまなびやをヒントに、大人も子供も楽しめるワークショップを開催します。
谷の台所
発掘調査からも食生活の豊かさが伝わる一乗谷。蕎麦や海鮮、美味しいごはんを召し上がれ。
唐門舞台
春の一乗谷を彩る舞台。時代とともに進化したフリースタイルフットボールや音楽、ライブパフォーマンスをお楽しみください。
その他
観光マイスター岸田清朝倉氏遺跡保存協会会長と巡る遺跡ガイドツアーや、遺跡を巡るクイズラリー、城下町生活再現やライブペイントをお楽しみください。
ページトップへ