• HOME
  • Blog記事
  • 福井県立恐竜博物館の予習はこれでバッチリ!リニューアル後の見どころや周辺スポットを含めてご紹介します!

福井県立恐竜博物館の予習はこれでバッチリ!リニューアル後の見どころや周辺スポットを含めてご紹介します!

博物館大好き地元ライターが、リニューアルした恐竜博物館の新しい見どころをお知らせします!

リニューアルの見どころや周辺のおすすめスポットや撮影ポイントもご紹介します!

ライター:hoasen
hoasen
19052ビュー
福井県立恐竜博物館の予習はこれでバッチリ!リニューアル後の見どころや周辺スポットを含めてご紹介します!

福井県立恐竜博物館ってどんなところ?

福井県立恐竜博物館は、2000年に開館した恐竜を中心とする地質・古生物学専門の博物館。
カナダのロイヤル・ティレル古生物学博物館、中国の自貢恐竜博物館と並び、世界三大恐竜博物館の一つと言われています!

館内には50体の恐竜全身骨格をはじめ、化石やジオラマ、大迫力の復元模型等が展示されている他、博物館の建物自体も公共建築賞を受賞していて、博物館の中はもちろん外側も楽しめる博物館なんです!

2023年7月のリニューアルで何が変わったの?

  • 化石研究体験室
  • リニューアル後の全景

恐竜博物館の開館から23年の時を経た2023年7月、北陸新幹線が福井に延伸する機会に恐竜博物館が生まれ変わりました!


何が変わったかというと・・・

①化石研究体験プログラムの新設、展示物の増加!!

②新館ができました!

※2枚目の写真の中央上部が本館、そこから右下の位置に出来たのが新館です。

リニューアルの目玉①「化石研究体験プログラム」

  • 化石研究体験 ©福井県立恐竜博物館
  • 化石研究室の入口

ここからはリニューアルの目玉となる新館についてご紹介していきます。


まず最初に紹介したいのが、本格的な化石研究体験!

以下の4つの体験が新設されています。


「化石発掘プラス」・・・化石を見つけて、見分けていく(冬春:11月中旬~4月中旬)

「T-rex 頭骨復元」・・・ティラノサウルスの頭骨をくみ上げ、解剖学的特徴を学ぶ(夏秋:4月下旬~11月上旬)

「化石クリーニング」・・・実際に研究で使う道具を使って恐竜の歯を取り出す(通年)

「CT化石観察」・・・CT画像を使って化石の非破壊観察を行う(通年)

研究室に入るだけでもドキドキワクワク。

特に、夏秋開催の「T-rex頭骨復元」は、今まで見られなかった頭骨の内部を見て触りながらくみ上げることができ、一般の方向けの体験としては、国内初ではないでしょうか。

日本中の博物館を見渡しても、これほどの研究体験ができるところは思い当たりません。
1回あたり120分の体験時間で3つの体験を順番に楽しむことができます。24名まで限定の貴重な体験ですので必ず事前に予約をしておいてくださいね。恐竜好き・石好き・博物館好きの方には絶対おススメしたい体験です!

基本情報

化石研究体験 

対象:小学生以上

※小学生は保護者またはその相当の方も一緒にお申込みください。

※未就学児は入室できません。体験室内には待機する場所もありません。

時間:1日4回~5回開催

料金:有料

化石研究体験 

リニューアルの目玉②「恐竜の塔」

  • 恐竜の塔

目玉の2つ目は、新館の1階から3階まで吹き抜けに設置されている「恐竜の塔」です。福井県で発見された新種の恐竜「フクイサウルス」「フクイラプトル」「フクイティタン」「フクイベナートル」「コシサウルス」と鳥類「フクイプリテクス」が勢ぞろい!

白のボディがかっこよく、写真映えもする迫力の空間です。改めて福井でこんなにも新種の恐竜が見つかっているんだなあと思わず感動します。

リニューアルの目玉③「見える収蔵庫」

  • 見える収蔵庫
  • 見える収蔵庫
  • 見える収蔵庫

本館から新館へ行く途中や新館のエスカレーターに乗ると、壁がガラス張りになっている収蔵庫が見えてきます!

 私が訪れた時は、新生代古第三紀始新世のワニの仲間「ディロサウルス・マグリべンシス」の実物化石やオビラプトルの復元骨格標本などを見ることができました。

収蔵庫なので、タイミングがいいと前回見たものと違うものが見られると思います!

リニューアルしてから何度も訪れていますが、通りすぎるときにはいつも脳内で映画ジュラシックワールドのテーマ音楽が聞こえてくるような空間です。


リニューアルの目玉④「3面ダイノシアター」

  • 3面ダイノシアター

新館1階の特別展示室には、3面ダイノシアターがお目見え!!

コの字型に囲まれた3面×高さ9m×幅16mの大型スクリーンで、フクイラプトルなどの福井生まれの恐竜たちの当時の姿に出会えます。

全方位で動き回る恐竜を見ていると、まるで恐竜時代にタイムスリップしたような感覚になります。

博物館の監修のもと細かなところまで作りこまれているので、ぜひ目を凝らして細部までじっくりご覧ください!


※ダイノシアターは、特別展の開催期間は見ることができなくなります。

ミイラ化石に出会える⁉ 常設展示室

  • リニューアル後の展示ホール
  • リニューアル前の展示ホール
  • リニューアル後の展示ホール
  • リニューアル後の展示ホール
  • リニューアル後の展示ホール
  • 展示には博物館の工夫がいっぱい
  • 隅々まで見落とせません
  • 大迫力の竜脚類化石をぐいーっと見上げます
  • こちらも動く!フクイラプトルキタダニエンシス
  • 上階から見おろす眺めも最高です

リニューアルされた所は、新館エリアだけではありませんよ。

本館もリニューアルでパワーアップしているんです!


まずは恐竜博物館を象徴する常設展示室!どこが変わったかわかりますか?
 

<答え>

ティラノサウルスの周りの壁がなくなり、そして、化石展示が6体増え50体になりました!


新設の展示物は恐竜博物館のホームページでも詳しく紹介されているので、予習して行くと楽しさが深まると思います。

恐竜博物館 新設展示一覧

展示の目玉!

「ミイラ化石」

絶対に見てほしいのが、保存状態の良さからギネスブックにも登録され「レオナルド」という愛称がつけられた実物ミイラ化石!

草食恐竜ブラキロフォサウルスのミイラ化した実物化石の展示で、日本では初公開です。

10年間限定でアメリカのモンタナ州にあるグレートプレーンズ恐竜博物館から借りているので、ここで見られるのは2033年まで!

「ミイラ化石」

カフェのようなおしゃれ空間「ダイノライブラリー」

  • ダイノライブラリー
  • ダイノライブラリー

本館から新館へ行く通路の途中には、まるでカフェのようなおしゃれ空間、ダイノライブラリーができました!

ここには恐竜や地質に関する本が幅広く揃っていて、親子連れが恐竜絵本を読み聞かせをしたり、恐竜好きたちが熱心に読書をしていました。

思わず時間を忘れてしまわないように注意しましょう!


ここをお見逃しなく!「マジック恐竜壁画」

ダイノライブラリーを出て、新館へ行く通路の右側には巨大な壁画のコーナーがあります。

この壁画、チラッとみて通り過ぎないでください!

実は、角度を変えて見てみると・・・恐竜が骨になったり、肉がついたりするんです!

魔法のような不思議な仕掛けに、子どもたちも楽しんでくれること間違いありません。

リニューアルでさらに充実「ミュージアムショップ」&「レストラン」

  • ショップ&レストラン入口
  • ショップ
  • レストラン
  • レストラン
  • 恐竜の歴史をたどるケーキ ©福井県立恐竜博物館
  • ジオラマプリン ©福井県立恐竜博物館

オリジナルの恐竜グッズが充実するミュージアムショップや、雰囲気抜群のレストランもリニューアル!

限定のカプセルトイやフィギュアを購入したり、遊び心満載のメニューを堪能しましょう。

レストランには、福井や恐竜博物館らしいメニューがいっぱい!「恐竜の歴史をたどるケーキ」や、思わずこれ本当に食べ物!?と思ってしまう「ジオラマプリン」など楽しく美味しい食べ物が目白押しです!

パノラマの景観を楽しめる「屋上広場」

  • 屋上広場
  • 恐竜博士と恐竜博物館
  • 屋上広場入口
  • 屋上広場から見える景色

実は「屋上広場」も恐竜博物館に来たなら、絶対行ってみて欲しい場所。

新館側スロープから登っていくことができ、360度大パノラマで美しい景色を楽しむことができます。

特におススメなのは朝と夕焼けの時間帯。恐竜博物館がある公園「かつやま恐竜の森」の閉園時間まで楽しめるので、時間に余裕がある方はぜひ夕日の時間帯に行ってみて下さい!

恐竜をもっと好きになる!①

恐竜博士

丘には、ティラノサウルスの産状化石と「恐竜博士」がいます。恐竜博士が持っているのは、鳥脚類ヒプシロフォドン類の頭骨!

「恐竜博士」は、福井駅にいたり、県外出張に行ったりしていますが、恐竜博物館やその周辺にも恐竜博士が数体いるので、ぜひ見つけて写真を撮ってくださいね。

 

恐竜博士

恐竜をもっと好きになる②

ティラノガーデン

リニューアルオープンとともに登場したこちらの「ティラノサウルス」。

 2018年公開の映画「ジュラシック・ワールド 炎の王国」に登場するティラノサウルスをモデルに、映画の宣伝用のために制作されたものを、2019年に福井県が、モニュメントを所有する配給会社「ユニバーサル・ピクチャーズ」から無償で譲り受けたものだそうです。 

よく見ると戦いでついたであろう傷があるんです!モニュメントは全長11メートル、高さ5メートル。迫力満点のティラノサウルスと記念写真を撮って行って下さいね!

ティラノガーデン

近くの恐竜スポット

恐竜博物館とあわせて行くと楽しさ倍増!近くにある恐竜スポットをご紹介します。


①発掘現場を見に行って化石発掘体験ができるバスツアー「野外恐竜博物館」
化石発掘現場から運んできた石から1億2千万年前の化石発掘体験が楽しめる「どきどき恐竜発掘ランド」

③実物大で動き、鳴き声を上げる恐竜ロボットを楽しむ冒険アトラクション施設「かつやまディノパーク」
④恐竜の遊具やアステチックが楽しめる「かつやま恐竜の森」
⑤車で約60分と少し距離はありますが、古生代(約4億4000万年前)から白亜紀前期(約1億3000万年前)の化石発掘体験できる「HOROSSA!ホロッサ」

野外恐竜博物館
野外恐竜博物館
野外恐竜博物館は、日本最大の恐竜化石発掘現場である勝山市北谷町に2014年7月にオープンしました。野外恐竜博物館は、「観察広場」「展…
詳細を見る
どきどき恐竜発掘ランド
どきどき恐竜発掘ランド
勝山は日本を代表する恐竜化石発掘のまち。発掘現場から運ばれた岩で道具を使って発掘体験!貝や植物の化石はもちろん、運がよければ、ま…
詳細を見る
かつやまディノパーク
かつやまディノパーク
2024年3月にリニューアルオープン!かつやま恐竜の森内に登場したウォークスルー型のアミューズメント施設「かつやまディノパーク」。総…
詳細を見る
かつやま恐竜の森(長尾山総合公園)
かつやま恐竜の森(長尾山総合公園)
恐竜博物館、どきどき恐竜発掘ランド、かつやまディノパーク、恐竜遊具などがある総合公園。冬はクロスカントリースキーなどの雪のアクティビティもでき四季折々楽しめる公園。
かつやま恐竜の森
大野市化石発掘体験センター「HOROSSA!」
大野市化石発掘体験センター「HOROSSA!」
HOROSSA!(ホロッサ)では、恐竜の歯やアンモナイト、植物、貝化石の発掘を体験できます。HOROSSA!では、約4億4000万年前…
詳細を見る

恐竜をもっと好きになる!③

かつやまディノパーク

恐竜博物館から歩いて約5分のところに「かつやまディノパーク」。こちらも恐竜博物館と同じく、2023年7月14日にリニューアルオープンしました!

まるで恐竜の棲み処に迷い込んだような興奮と感動を味わえる「恐竜が棲む森」には「恐竜迷路」が新登場!実物大の恐竜たちも54頭に増えました!


「ガオガオボート」「ガオガオトレイン」「ガオガオライド」「ガオガオウォーク」からなる「ガオガオひろば」は、小さなお子様が楽しめるアトラクションがあります!

※「ガオガオボート」「ガオガオトレイン」は土日祝限定開催

かつやまディノパーク

道中もワクワクが止まらない「 恐竜バス」&「恐竜列車」

  • 恐竜バス
  • 恐竜バス
  • 恐竜バス

福井駅から恐竜博物館へ行くなら、道中から恐竜が楽しめる直通バス「恐竜バス」や、「恐竜列車(えちぜん鉄道観光列車)」がおすすめ!

車内にはたくさんの恐竜たちが待ち受けており、移動時間も楽しみながら過ごせますので、特にお子さんは大満足すること間違いなしです。

恐竜バス
恐竜バス
京福バスでは、福井駅から恐竜博物館へ直通となる恐竜バスを運行しています。恐竜バスには、「恐竜号」と「海竜号」の2台があり、大迫力…
詳細を見る
恐竜列車(えちぜん鉄道観光列車)
恐竜列車(えちぜん鉄道観光列車)
【要予約・2024年の恐竜列車運行は、3/2からです】恐竜王国福井の大人気スポット、恐竜博物館と福井駅をつなぐ観光列車が完成しました!…
詳細を見る
恐竜列車モデルコース
恐竜列車モデルコース
福井県立恐竜博物館、ディノパーク勝山のリニューアルとともに運行を開始した恐竜列車!恐竜王国福井に新しく誕生した恐竜コンテンツを楽しみつくすファミリー旅をご紹介します。
詳細を見る

恐竜をもっと好きになる④

福井駅西口広場(恐竜広場)

福井駅は「恐竜駅」といっていいほど、数多くの恐竜が生息しています。

特にJR福井駅の西口を降りてすぐのエリアは、フクイラプトルなど福井生まれの恐竜たちが声を出して歓迎のダンスを踊ってくれていて、観光客の撮影スポットとしていつも賑わっていますよ!

またこの場所ではライトアップにも要注目!駅舎に描かれた恐竜たちの姿が浮かびあがり、とってもかっこいい雰囲気の福井駅に様変わり!

雪のシーズンには氷河期気分も味わえます!福井県に来たなら外せないスポットです!

福井駅西口広場(恐竜広場)

自家用車でのアクセス

©福井県立恐竜博物館


・北陸自動車道から福井北JCTで中部縦貫自動車道(無料区間)経由、勝山ICで下り国道416号線を通って約10分(福井JCTからは約30分)

・東海北陸自動車道から、中部縦貫自動車道油坂峠道路、国道158号、国道157号経由(白鳥JCT・ICから約90分)

  • 福井県立恐竜博物館
  • 野外恐竜博物館
  • どきどき恐竜発掘ランド
  • かつやまディノパーク
  • ティラノガーデン(ティラノサウルスモニュメント)

Google Mapの読み込みが1日の上限回数を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください

基本情報

福井県立恐竜博物館
  • ※入館は事前予約制。当日定員に空きがあれば、当日券で入場可。

  • 【常設展観覧料】
  •  一般:1,000円
  •  高・大学生:800円
  •  小・中学生:500円
  •  70歳以上:500円
  •  ※未就学児無料、団体料金、年間パスポートあり


  • 【開館時間】9:00~17:00(最終入場時間16:30)
  • 【休館日】第2、第4水曜日(祝日の時は翌日が休館、夏休み期間は無休)
  •      および年末年始(12月31日、1月1日) 
  •      ただし、展示替えや施設点検のための臨時休館日有
  •      (詳細はHPでご確認ください) 
  • 【住所】〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11
  • 【電話番号】0779-88-0001
福井県立恐竜博物館

まとめ

リニューアルした恐竜博物館のみどころについてご紹介しました。

リニューアル前の博物館ですら、じっくり見たら1日かかっても足りないくらいだったのに、新しくできたスポットや体験、周辺のスポットのリニューアルや新コンテンツが追加され、あらゆる部分で時間を忘れてしまう場所になっています。

恐竜をとことん楽しみたい方は、2日以上の滞在を強くおススメします。恐竜王国ふくいの恐竜コンテンツを味わい尽くしてくださいね!


恐竜をもっと好きになる⑤

福井県の恐竜スポット14選!恐竜博物館だけじゃない!福井の恐竜スポット・モニュメントをご紹介します。

福井県には恐竜博物館だけではなく、他にもたくさんの楽しい・面白い恐竜スポットがあるんです! 

旅行の行先に加えると更に盛り上がること間違いなし!恐竜博物館と合わせて行ってほしいスポットをご紹介します!

福井県の恐竜スポット14選!恐竜博物館だけじゃない!福井の恐竜スポット・モニュメントをご紹介します。
ページトップへ