• HOME
  • Blog記事
  • 「ふくい鮮いちば」とは?市場直結・穴場スポットのオススメ店舗、アクセス、周辺施設をご紹介します。

「ふくい鮮いちば」とは?市場直結・穴場スポットのオススメ店舗、アクセス、周辺施設をご紹介します。

福井県と言えば思い出すのは、越前ガニ。ですが、福井市周辺の港から水揚げされた日本海の新鮮な魚介類をその場で味わえるのも越前・福井の魅力です。

福井市内、プロが集う中央市場の一角に、一般の人が買い物や食事ができる「ふくい鮮いちば」があります。知る人ぞ知る穴場スポット「ふくい鮮いちば」とはどんな所なのでしょうか?今回は「ふくい鮮市場」の魅力についてご紹介します。

ライター:福いろ編集部(2021~2022)
福いろ編集部(2021~2022)
19292ビュー
「ふくい鮮いちば」とは?市場直結・穴場スポットのオススメ店舗、アクセス、周辺施設をご紹介します。

「ふくい鮮いちば」とは 

  • 「ふくい鮮いちば」
  • 蟹、福井産海産物などを取りそろえる「ますよね」
  • 創業50年以上に渡り干物を製造する「さくだ屋」

「ふくい鮮いちば」は、福井市大和田1丁目にあります。1974年に開設された福井市中央卸売市場の中に設置されました。中央卸売市場は、通常卸売業者や仲卸業者を相手に売買するためのところなので、一般の消費者は中に入って買い物ができません。


しかし、福井中央卸売市場の開場40周年を記念し、2014年に中央卸売市場の一部を一般消費者が購入できるエリアとして開放。「ふくい鮮いちば」がオープンしました。
オープン当初の店の構成は、青果3店、水産2店、総菜・加工7店、物販・花き(観賞用の植物全般の販売店)6店、飲食7店。卸業者が売買する同じ市場の敷地内で、鮮度の良い生鮮品を一般の消費者の方も買えるようになったのです。

  • 店頭に並ぶ鮮魚たち
  • お惣菜コーナーも人気です
  • 11/6 解禁「越前ガニ」

「ふくい鮮いちば」は、中央卸市場直営で鮮度の良い買い物ができるだけでなく、定期的なイベントも開催しています。イベントでは定期的にマグロの解体ショーなども行われており、イベント開催時には、質の良い生鮮品がお得に手に入れることができます。

そして11月6日には、毎シーズンのカニ漁が解禁になります。「ふくい鮮いちば」でも解禁直後の11月は多くのお客さんで賑わいます。

Column

「越前ガニ」とは?

福井の冬グルメの王者・越前ガニは、福井県で水揚げされるオスのズワイガニのことで、全国トップクラスの知名度を誇るブランド蟹です。漁期は11月6日から3月20日まであり、カニ解禁に湧く11月だけでなく、実は春先まで新鮮なカニが提供されています。

茹で、刺し、焼き、鍋、釜飯、甲羅酒、、、瑞々しく上品な味と多彩な食べ方で全国の食通を唸らせる越前ガニの種類や旬の季節などについてご紹介します。

「越前ガニ」とは?

飲食店の紹介① 市場従業員も納得の食堂・喜多亭のまかない丼

  • 喜多亭

「ふくい鮮いちば」の見どころ。なんと言っても、注目すべきは施設内にある飲食店です。市場で働く舌が肥えた従業員も納得の美味しさ、かつコスパ抜群で味わえる市場めしは、買い物をしなくても見てみて、食べておきたいスポットとして人気があります。


「ふくい鮮いちば」のおすすめ飲食店、まずご紹介するのは喜多亭です。南側の入口から入って左手3軒目にある食堂です。ここはInstagramで人気になっているお店。店の外に短冊で書かれたメニューがあるので、入る前に何を食べるか選べます。


カウンター席とテーブル席があり、昭和レトロの雰囲気に満ちた店内では、海鮮丼や魚を使った定食が食べられます。
そして、是非食べておきたいのがまかない丼。登場したのは、刺身の切り身がこれでもかと言わんばかりに乗ったコスパ最強の丼です。

  • <まかない丼>

いろんな種類の魚が破片のように入っているので、特に食べたいものが決まっておらず、ボリュームと新鮮な味わいを求めるのでしたらまかない丼がイチオシです。

その他お得な日替わり定食や正統派の刺身定食もあり、福井の海の幸を堪能するには、またとない食堂と言えます。

基本情報

喜多亭

<電話番号>0776-53-3150
<営業時間>5:00~14:30
<定休日>日曜・祝日 ※他市場が定める水曜

Instagramの投稿を見る

喜多亭

飲食店の紹介② 国産牛の煮込み2時間!あらや食堂のコラーゲンたっぷりの牛すじ

福井の市場と聞けば、通常ならば日本海を中心とした海産物をイメージするかもしれません。しかし、あらや食堂は魚介類ではなく牛すじ料理を出す店としてリピート必至の人気店です。


開店時間は早朝4時30分、深夜1時半の市場の業務が始まるときから、お店の厨房で仕込みが始まります。
先代から受け継いだ調味料を使って煮込んだ「すじ丼」「すじうどん」は絶品です。牛すじは、国産牛にこだわり生卵と味噌汁、漬物が付きます。

  • <すじうどん>

その味わいは申し分なく、またコラーゲンがたっぷり入っていることから女性にも大人気?テイクアウト用のすじ煮込みもコスパが良く、侮れません。


「ふくい鮮いちば」は海鮮だけではなく、様々な福井の美味しい食が食べられるところが強い魅力です。

基本情報

あらや食堂

<電話番号>0776-53-0688
<営業時間>4:30 ~ 14:30
<定休日>日曜・祝日 ※他市場が定める日

あらや食堂

飲食店の紹介③ 福井のとれたて鮮魚を存分に!群青の刺身定食に種類豊富な海鮮丼

  • 天然地魚をふんだんに使った群青の人気メニュー「刺身定食」
  • ふくい鮮いちばの入口すぐにある「群青」
  • 群青内観

群青(ぐんじょう)は「ふくい鮮いちば」オープンの時からあるお店で、南側の入口から入り、すぐ右の1軒目が群青です。ふくいサーモンの幟が目印。こちらでは市の西にある鷹巣地区にある定置網から新鮮魚介類を直送しているので、とれたての旬の魚が味わえます。

  • <ふくいサーモン丼>
  • <せいこ丼>
  • <本生まぐろ丼>
  • <海鮮丼>

群青のもう一つの魅力が、中央市場だからこその季節毎の魚三昧が堪能できる海鮮丼です。

例えば、水温が20度以下の環境で育つトラウトサーモンを、福井の水温の低い海水を利用して養殖した福井県のブランド魚「ふくいサーモン」。その「福井サーモン」をふんだんに使ったふくいサーモン丼は、この群青で食べられます。

冬場の名物は「群青せいこ丼」。ごはんの上に蟹の部位ごとに、筋を残さずに身だけを乗せているので非常に食べやすく、また自家製の群青蟹酢で丁寧に仕上げています。

他にも、「本生マグロ丼」や「海鮮丼」など、入店してメニューを見るのが楽しみな、季節を変えて何度でも足を運びたくなる名店です。

 

基本情報

群青

<電話番号>0776-54-5335
<営業時間>9:30~14:30(ラストオーダー14:00)
<定休日>日曜・祝日※他市場が定める水曜  

Instagram

群青

飲食店の紹介④ 旬の完熟野菜をおいしく!フルーツラボ 手摘屋のジェラートとフルーツジュース 

  • フルーツラボ手摘屋
  • フルーツラボ手摘屋

「ふくい鮮いちば」は、メインの食事だけでなく、食後のスィーツやデザートも味わえます。フルーツラボ手摘屋(てつみや)は、果物屋さんですがジェラートとフルーツジュースを出しています。


市場だからこそ手に入る季節ごとの旬の完熟果物を吟味厳選。美味しいところだけを選び、それを惜しみなく提供しています。


口当たりと食べ応えを感じたいのならジェラート、ゴクゴクとのど越しをたのしみたいのならフルーツジュースがおすすめです。

基本情報

フルーツラボ 手摘屋

<電話番号>0776-54-3350
<営業時間>9:30〜14:30
<定休日>日曜・祝日※他市場が定める水曜

「ふくい鮮いちば」の行き方と駐車場

「ふくい鮮いちば」への行き方ですが、場所は国道8号線沿いにあります。福井駅方面から国道8号線を北に進み、国道416号線と交差している新保交差点を左に曲がってください。次の開発町東交差点を右折しまっすぐ行くと福井中央卸売市場の前に行けます。

北陸自動車道の福井北ICからは車で約10分、福井駅からはタクシーで約15分の距離で、収容台数が約2,000台の駐車場があります。


公共交通を利用する場合、①福井駅から京福バス「大和田丸岡線39系統」に乗り、「ふくい鮮いちば口」で下車、徒歩3分、②福井駅から京福バス「県立病院丸岡線36系統」または「大和田丸岡線39系統」に乗り、「卸売市場前」で下車、徒歩8分です。


「ふくい鮮いちば」の市場内での立地は、市場の正門近くにある関連商品売り場棟の一部です。大きな正門までくれば特徴的な建物がすぐ目に入るはずなので、そちらを目指しましょう。

  • ふくい鮮いちば(福井市中央卸売市場)

Google Mapの読み込みが1日の上限回数を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください

「ふくい鮮いちば」周辺の観光スポット

ふくい鮮いちばは、福井市の郊外にありますが、周辺には「安田かまぼこ道場」や「横井チョコレート」があり、国道8号線や北陸自動車道に近く、「羽二重餅の古里」、「丸岡城」、福井市中心部などへも車で15分程度でアクセスできます。

逆に言えば、福井を巡るならどこからでもアクセスできるので、午前中やお昼時に、8号線を縦断するときがあれば「ふくい鮮いちば」に是非立ち寄ってみてくださいね。

安田かまぼこ道場
安田かまぼこ道場
新鮮な素材を使ってかまぼこや、ちくわ、揚げ物を体験できます。作るのが楽しいのはもちろん、できたてあつあつのかまぼこは、本当におい…
詳細を見る
横井チョコレート ショップ&ファクトリー
横井チョコレート ショップ&ファクトリー
「上質なチョコレートを気軽に、日常に」がモットーの福井発チョコレート専門メーカー「横井チョコレート」がオープンさせた直営店です。…
詳細を見る
アメ横 夢菓子市
アメ横 夢菓子市
大きな「アメ横」の看板が目印の、子供から大人までが楽しめる巨大なお菓子市場。昔懐かしい駄菓子から流行のお菓子、ファミリーパックな…
詳細を見る
羽二重餅の古里 マエダセイカ株式会社
羽二重餅の古里 マエダセイカ株式会社
福井県永平寺町にある1954年創業の老舗和菓子屋で、大本山永平寺御用達。羽二重餅・羽二重風呂敷・織福の三大銘菓ほか、全部で15種類以上…
詳細を見る
丸岡城
丸岡城
丸岡城は、戦国時代の天正4年(1576)に柴田勝家の甥、勝豊によって築かれました。天守(国指定重要文化財)は外観は二層、内部は三階の独立…
詳細を見る
ESHIKOTO
ESHIKOTO
福井県内最大の河川・九頭竜川の中流域に位置する永平寺町は清らかな水に恵まれ、かつて松岡地区には17軒もの酒蔵があった酒どころ。その…
詳細を見る

「ふくい鮮いちば」は、地元民も納得のグルメタウン

「ふくい鮮いちば」は、本来プロしか入れない中央卸売市場の一部を開放してできたグルメタウン。
紹介した店舗以外にも地元民納得の美味しいお店がたくさんありますので、とりあえず行ってみて、気になったお店に入っても間違いありません。


多くの鮮度の良い魚介類が味わえ、買い物もできるいろんな世代の人がちょっと立ち寄って楽しめます。お休みが日曜日、かつ営業時間が特殊なので、そこにだけ気をつけてくださいね!


ふくい鮮いちばMAP ふくい鮮いちばホームページより

基本情報

ふくい鮮いちば

<住所> 福井県福井市大和田1丁目101

<電話番号> 0776-53-0001

<営業時間> 8:30~14:30 ※店舗により一部異なります。

<定休日> 日曜・祝日、市場が休みの水曜日

<駐車場> あり

ふくい鮮いちば

もっと見る

福井の名物・ご当地グルメ

ソースカツ丼、越前おろし蕎麦、越前ガニ、焼き鳥(じゅんけい)、お寿司、お造り(お刺身)、海鮮丼、ボルガライス、しょうゆカツ丼・・・

ふくいの「食」は一度食べたら忘れられないホンモノの美味しさです。豊かな自然環境に恵まれ、四季がはっきりとした福井は、四季折々の魚、肉、米、酒を楽しむことができます。福井の名物・ご当地グルメを、ふくい独自の食文化とともにご紹介します。

福井の名物・ご当地グルメ
ページトップへ