• HOME
  • スポット・体験

検索結果

25件ありました
並び順
アクセス数順
近い順
更新順
表示切替
タイル
リスト
マップ
東尋坊
『東尋坊』は約1kmにおよぶ大規模な柱状節理。その希少性は全国でも認められており、「国の天然記念物」に指定され、「日本の地質百選」にも選ばれています。
東尋坊
  • 東尋坊・あわら温泉エリア
detail_10144.html
鉾島
インスタ映えもする夕日スポット
鉾(ほこ)島は、福井市南菅生町の越前海岸にあり、鷹巣海水浴場から越廼方面に国道305号沿いに約5キロメートルのところに位置します。日本海の荒波に浸食された高さ約50メートルの柱状の岩場で、遊歩道が整備されていて、断がいの上には松が生え、地蔵が安置されていま…
鉾島
  • 越前海岸エリア
detail_10145.html
東尋坊観光遊覧船
東尋坊観光には欠かせない船上から絶景を眺めるガイド付きクルージング
東尋坊といえば、柱状節理がおりなす絶壁から見下ろす景色が有名ですが、それを船上から眺めるクルージングも人気です。船内ガイドの案内が面白いのも好評で、東尋坊周辺のみどころスポットもまとめて見ることができるので、初めての東尋坊観光の際には是非組み込んで…
東尋坊観光遊覧船
  • 東尋坊・あわら温泉エリア
detail_10952.html
龍双ヶ滝
福井県で唯一の「日本の滝100選」
落差は約60メートルあり平成2年に「日本の滝100選」の一つとして指定されました。階段を降りてすぐそばから見上げる滝の姿は壮観の一言に尽きます。また、紅葉の季節も夏にはない趣を感じさせてくれます。この滝にはその昔ここに龍双という僧が住み、神仏像を彫刻して…
龍双ヶ滝
  • 鯖江・越前たけふエリア
detail_10155.html
一乗滝
剣豪、佐々木小次郎が修行をしたと伝わる滝
朝倉氏遺跡を貫いて流れる一乗谷川の上流に、落差17mの荘厳な水の糸を引く一乗滝。ここは、泰澄(たいちょう)大師が白山大権現をまつり、滝水山浄教寺を建てたところとして知られており、また、佐々木小次郎が燕返しをあみだしたところと伝えられています。
一乗滝
  • 一乗谷・永平寺エリア
detail_10146.html
弁慶の洗濯岩
源義経一行が立ち寄ったとされる洗濯板のような奇岩
日本海の浸食によってできた奇岩。波が岩に砕け散るダイナミックな景観を堪能できます。弁慶の洗濯岩という名称は、源氏の英雄源義経が源頼朝より追われる身になり逃れる途中、義経と弁慶一行が、この洗濯板のような岩で洗濯を行ない休息したといわれる伝説によります…
弁慶の洗濯岩
  • 越前海岸エリア
detail_10333.html
雄島
伝説と神秘の神の島
標高27メートル、周囲2キロの越前海岸では一番大きな小島です。土地の人は昔から、神の島とあがめています。224mの朱塗りの橋を渡り78段の石段を上がると、ヤブニッケイやタブの樹木の中から伝説と神秘に満ちた雰囲気に出会えます。
雄島
  • 東尋坊・あわら温泉エリア
detail_10141.html
亀島(弁天島)
亀のような形をした島
国・県指定無形民俗文化財「仏舞」で有名な糸崎町の本尊千手観音が、亀にのって渡ってきたあと、その亀が島になったと伝えられる島です。周囲2km。まるで亀が海に向かって泳ぎ出すかのようです。島内には仙女の弁財天をまつった社殿があることから、別名「弁天島」…
亀島(弁天島)
  • 越前海岸エリア
detail_10142.html
神の足跡
一対の足跡の形をした岩
自然が作り出した奇岩、奇勝が多くある越前海岸の一角に、高さ5m、幅2mの足跡に似た一対の大岩があります。神様が夜を徹して海水をくみ上げ、大干ばつに苦しむ村を救った際についた足跡であるとの言い伝えが残されている。
神の足跡
  • 越前海岸エリア
detail_10399.html
五太子の滝
国見岳の西南、一光川の上流にある名滝。落差20mの断崖から一気に流れ落ちる清流はダイナミック。水音が鼓を打つ響きに似ていることからまたの名を「鳴滝」とも呼ばれています。渓流沿いには遊歩道があり、初夏ともなればせせらぎにカジカの声が響き渡り、涼味満点の…
五太子の滝
  • 越前海岸エリア
detail_10152.html
軍艦岩
ゴツゴツした岩が連なる磯遊びスポット
ゴツゴツした岩が連なる軍艦岩の周辺は、アクセス、駐車場、整備されて歩きやすい足場の三拍子が揃った磯遊びスポットです。駐車場にある公衆トイレから、足場が整備されています。コンクリートで整備されて平坦なので、つかまえた生き物を入れるバケツを持参しましょ…
軍艦岩
  • 越前海岸エリア
detail_12019.html
越前水仙の里公園
日本海の雄大な景色を眺めながら、公園芝生でくつろぎ、また越廼地区が発祥地と云われる越前水仙が栽培展示されている水仙コーナーを中心とした水仙ドームにおいて、水仙の花と香りを年間を通じて存分に楽しむことができます。
越前水仙の里公園
  • 越前海岸エリア
detail_10127.html
越前岬水仙ランド
断崖にそびえ立つ越前岬灯台と一面の越前水仙
日本海に望む断崖の上に白くそびえ立つ越前岬灯台。その風景をバックに広がる日本三大群生地の一つである越前岬水仙卿。その中にある越前岬水仙ランドでは、越前水仙が一面に広がり、越前水仙を心いくまで楽しむことができます。\越前水仙の開花状況はこちら/ 
越前岬水仙ランド
  • 越前海岸エリア
detail_10162.html
仏御前の滝
平清盛に寵愛された仏御前が髪を洗ったと伝わる滝
令和5年10月現在、土砂崩れのため立ち入り不能「日本百名山」荒島岳から流れ出る高さ100mに及ぶ三段の滝。滝の名は平清盛に愛され、舞の名手として、平家物語にも登場する「仏御前」がこの滝で髪を洗ったという伝説に由来しています。
仏御前の滝
  • 恐竜博物館・大野城下町エリア
detail_10329.html
足見滝(たるみだき)
越前海岸唯一の滝
越前海岸にある唯一の滝で、国道305号線から見える位置にあり気軽に立ち寄ることができます。足見と書いて「たるみ」と読み、同じく地名である樽海(たるみ)の名から、樽海滝とも言われています。高さ18m、幅は10mほど。すぐそばにある飲食店「樽海」は越前海岸の…
足見滝(たるみだき)
  • 越前海岸エリア
detail_12664.html
越前海岸
奇岩断崖が続く海岸美
雄々しい奇岩断崖の海岸美国定公園に指定されている越前海岸は、北は東尋坊、南は敦賀の杉津にかけての海岸線で、真ん中の越前岬を西端に、緩い「く」の字形で日本海へ突き出ており、北端部に九頭竜川が流れ込みます。リアス式海岸である若狭湾と違い、隆起海岸による…
越前海岸
  • 越前海岸エリア
detail_10197.html
御堂の滝(のどのたき)
女神川の上流にかかる二段の滝
勝山市の「弁ヶ滝」からさらに奥。落差約50mの水量が豊富な二段の滝で、火山活動で噴出した溶岩が固まるときにできた柱状節理が観察できます。この付近から、同じく美しい柱状節理からなる「釣鐘岩」を遠くに望むこともできます。
御堂の滝(のどのたき)
  • 恐竜博物館・大野城下町エリア
detail_12665.html
越前水仙群生地
日本三大群生地のひとつ
「越前水仙」とは、越前海岸に咲く日本水仙の総称。千葉県房総半島、兵庫県淡路島と並び日本三大群生地のひとつとして数えられ、その面積は日本一を誇ります。冬が訪れるころ、水仙たちは寒さから身を守るように寄り添いながら、海岸風景を白く清々とつつみ込みます。…
越前水仙群生地
  • 越前海岸エリア
detail_10159.html
白竜の滝公園
白竜の滝公園は南越前町の最北端の越前海岸沿いを走る国道305号沿いに位置します。この滝には、かつて出雲の国から反子船に乗った19人が糠浦に漂着した際、その船を守った竜が、山頂にある暖かい池で体を癒すために昇ったという伝説が残ります。木々の間から流れ落ち…
白竜の滝公園
  • 鯖江・越前たけふエリア
detail_11319.html
夜叉滝
夜叉ヶ池を目指し登山を始めると、まもなく左手に見えてくるのが、この滝です。豊富な水量を落とすこの滝は、登山者の目を楽しませてくれます。
夜叉滝
  • 鯖江・越前たけふエリア
detail_11334.html
ページトップへ