明道館跡

更新日時: 2021年3月30日(火)

福井市中心部 歴史・文化

福井藩主松平春嶽が日本を背負って立てるような人間を育て上げる目的で安政2年(1855)に建てた藩の学校。安政4年(1857)1月に橋本左内が学監(校長)同様心得に任ぜられ、明道館の改革が始まった。橋本左内は福井城下4箇所に子供たちのための塾と武芸の稽古所をつくり、藩内の道場を全て明道館に併合。また法律学校を新設し、欧米の優れた学問を広く学ばせようと進めた。

MAP情報