7月、8月のプロジェクションマッピング投影について

更新日時: 2021/07/02(金)

福井市中心部の「ハピテラス」と「福井市中央公園」で実施しているプロジェクションマッピングの投影プログラムを、夏をイメージしたものに変更しました。

福井の夏の代名詞である「花火」は、くすぶる線香花火に近づくと打ちあがる仕掛けになっています。

他にも海や夏の夜空をイメージした映像を投影しています。

 

プロジェクションマッピングの投影は、19:30から22:00まで。

ハピテラスでは、21時までは、人の動きに反応するインタラクティブな映像が、それ以降はなど癒しの映像が流れます。

イベント時などを除いて、原則毎日実施します。

 

投影プログラムの次回切り替えは9月を予定しています。

 

ハピリン、ハピテラスのイベント情報はこちらから(外部サイト)

ハピテラスライブカメラ(外部サイト)