福井駅周辺におけるデジタルアートの映写について

更新日時: 2021/04/23(金)

当協会では、福井市で課題となっている夜のエンターテイメント不足を解消し、夜間観光の満足度向上及び観光消費の促進を図るため、「福井市にぎわい交流施設ハピテラス」及び「福井市中央公園」にデジタルアートの映写機の導入を進めております。

そして、本日行われた第36回ふくい桜まつり実行委員会において、ふくい桜まつりオープニングの場を借りてお披露目させてもらうことが決まりました。

なお、この映写イメージのハピテラスについては、設置したプロジェクターと人感センサーを使用し、人の動きに反応する音と光のインタラクティブコンテンツと、季節に応じた様々なデジタルアート等、ハピテラスを彩る映像コンテンツを複数用意し、毎日日没から常設映写を予定しております。

今後詳細が決まりましたら、随時情報を発信してまいりますので、楽しみにしていてください。