0

越前和紙【国指定伝統的工芸品】

工芸品

約1500年前、岡太川(越前市今立地区)にお姫様が現れて紙漉きを伝授したことから、越前和紙は始まりました。そのお姫様とは「川上御前」で現在、全国唯一の紙祖神として岡太神社に祀られています。手漉きの越前和紙の特徴は、やわらかさとぬくもり、優雅な風合いです。奈良時代には写経用紙として、その後は公家や武家階級が大量に使うことで技術も向上し、高品質紙である越前奉書が生まれました。明治時代には日本最初のお札紙に採用され、美術界でも画紙として著名な芸術家たちに愛用されてきました。 現在は住宅内の襖紙や壁紙、小物、文具品、雑貨、インテリア用品まで幅広く使われています。