0

越前竹人形

工芸品

福井には昔からいたるところに竹薮があり、その多くが良質の真竹や孟宗竹です。身近にあった竹が竹製品や竹人形として形を変えたのは昭和20年後半の頃で、それが越前竹人形につながります。同期時に福井出身の作家、水上勉氏の同名小説も上梓されたことから、その存在が全国に知られるようになりました。 竹の特徴は、軽くて丈夫、そして年月を経ると飴色に変わっていくことです。さらに、竹の節や曲線、弾力性を生かすことで繊細な細工となり、それらが組み合わさって美しい竹人形が生まれます。年月を経て飴色に変わった竹人形はどこか懐かしく、優しく、心が和む独特の雰囲気があります。