0

笏谷石加工品(しゃくだにいしかこうひん)

工芸品

薄い青色で、水に濡れるとより深い青色に変化する青石、それが笏谷石です。約1600万年前、火山活動で降り積もった灰でできた火山礫凝灰岩で、平安時代末期には現在の福井市足羽山一帯で採掘されていました。美しくて細工しやすいことから、精緻な彫刻を施した石塔や美術品が作られるようになり、戦国時代、越前国を支配した朝倉氏の一乗谷朝倉氏遺跡からは、笏谷石の石仏や生活用品も数多く出土しました。 現在、笏谷石の採掘は行われていませんが、古きよき美しい福井の石文化を伝えようと、「ふくいブルー」として再興。県内の古民家で眠っていた笏谷石を収集し、上品な器やアクセサリーなどに再生されています。