0

鯖缶

お土産

福井と鯖の関係は古く、京に都(朝廷)があった頃にまで遡ります。日本海で水揚げされ、一塩した鯖は“鯖街道”を通って都にまで届けられ、京の食文化を支えていました。今でも、へしこや浜焼き鯖など、鯖は福井の食文化にはかかせない食材として根付いています。そんな福井の鯖缶は各メーカーが味にもこだわり、水煮の他、醤油、味噌、唐辛子入り、生姜入りなど種類も豊富です。酒のつまみや普段の料理、アレンジ次第で豪華なパーティ料理にも早変わり。作り手のアイデアや発想、センスに十分応えてくれる食材でお土産にも喜ばれています。 2021年には地元高校生が数十年間研究・開発した宇宙食「サバしょうゆ味付け缶詰」が実現しました。宇宙日本食としてJAXA認証されています。