0

花らっきょ

お土産

付け合わせとして親しまれているラッキョウ。通常は、夏頃に植え付けて、翌年の初夏に収穫します。しかし福井でラッキョウといえば全国でも唯一、植え付けから収穫まで足掛け三年をかけて栽培される“三年子(さんねんご)”が有名です。 年月が経つごとに粒は小さくなりますが、その分、小粒で身が締まり、繊維が細かくて歯切れのよいラッキョウとなるのです。収穫された三年子ラッキョウは、甘酢漬けに加工され、「花らっきょ」というブランドで広く親しまれています。 そのままでもおいしいですが、天ぷらにしたり、サラダに合えたり、刻んでドレッシングやタルタルソースに混ぜるなど、さまざまな料理に活用できると好評です。