0

越前焼【国指定伝統的工芸品】

工芸品

瀬戸焼、常滑焼、信楽焼、丹波焼、備前焼と並ぶ日本六古窯の一つ、越前焼。発祥は約850年前、平安時代末期と伝えられ、釉薬を使わずに焼く焼き締めや、灰釉で表現をされている素朴さが特徴です。高温焼成で焼き締められているので硬くて丈夫でもあります。 昭和40年代、産地である越前町(旧宮崎村・旧織田町)とその周辺を中心に陶芸家が数多く移り住み、日常の食卓を彩る食器や雑器、花器などが作陶され続けています。越前焼の作家が一同に会する、越前陶芸祭り(毎年5月開催)は県内外からのお客で賑わう春の風物詩となっています。