越前洋傘

工芸品

国外産材料で機械張りの安価な傘が流通する一方で、福井県産素材にこだわった全工程手作り、洋風の蛇の目傘があります。 24本の骨組みには眼鏡枠技術を生かし、生地は混織羽二重を再現、持ち手と傘の頭の部分は越前漆器の技術を採用。福井県の素材や技術をフルに生かした〝福井愛〞の傘です。 かつて北陸の傘メーカー数は約800社を誇りましたが、現在は1社のみ。しかも全工程手作りは全国でも珍しく、貴重な逸品です。(撮影場所ハピリン2階「kirari」)