羽二重餅

銘菓 お土産

日本を代表する絹織物として愛されてきた羽二重織。福井は羽二重織の一大産地として名を馳せてきました。羽二重餅はその「郷土を代表する織物にちなんだ名物を」という想いから生まれた餅菓子で、「福井と言えば羽二重餅」と言うくらい代表的な銘菓です。絹織物のように薄くなめらかな餅生地が特徴です。きめが細かく、とろけるような舌ざわりで、ほんのりと上品な甘みが広がります。基本の材料は餅粉と砂糖、水あめの3つのみ。水を加えてこねた餅粉を蒸し、砂糖と水あめを加えて練り上げます。とてもシンプルな製法ですが、店ごとに材料の配分や製法にこだわりがあり、それが独自の味わいとして表現されています。 プレーンをベースによもぎやくるみ入り、また羽二重大福など色々な味が楽しめる福井を代表するお土産です。