焼き鯖・焼鯖寿司

お土産

焼き鯖といえば「焼鯖寿司」はもちろんですが、地元ではまるごと1本を大胆に串刺し焼きにした「浜焼き鯖」がスタンダードです。かつては魚屋さんの軒先で焼かれており、現在でも夏の半夏生と言われる時期には「半夏生サバ」として食料品などにもズラリと並びます。外はカリッと中はジューシーな食感で、味付けはせず素焼きしているので、生姜醤油や大根おろしと合わせていただくと美味です。福井と鯖の歴史は深く、食の豊富な御食国(みけつくに)であった若狭地方から朝廷のあった京都に食を運んだことから始まっています。サバは水揚げすると腐りやすくなるため、少しでも長く保存できるよう、焼き上げてから運搬。その運ぶ量の多さから若狭湾の魚介を京の街で売る行商が通った街道は「鯖街道」と呼ばれていたほどで、日本遺産にも認定されています。中でも気軽に食べられる焼鯖寿司はお土産に喜ばれています。